世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2007年12月には共著『世界一周NAVI』(同)がでて、その後3回改訂されています。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2017年に3回目の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI 改訂版』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI 改訂版』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界一周中に行ってみたいと思いつつ行きそびれたチベットですが、
ご存知のように大変なことになっています。

ひとつ言える事は、これだけ中国が情報を流さないようにしているということは、
隠したいことがあるということです。

ラジオで「ダライラマ側は中国と反対の情報を出しているので、そちらも見るといい。
今、目の前で起こっていることだけに注目するのではなく、歴史の文脈から判断するべきだ」
といったことを主張しているジャーナリストの方がいて、
なるほど~と思いました。

世界一周をしてから特に「情報は鵜呑みにせず自分で判断するべき」と思うようになり、
『世界一周NAVI』の中にもそのように書きました。
正しい判断はかなり勉強しないとくだせないはずで、
私の弱いところですが、歴史をあまり知らない……
それでも想像することはできます。

おあつらえ向きに昨日カオルさんのメルマガ
◎「海外旅行なんでも相談所」~旅を50倍楽しむ秘訣!
http://archive.mag2.com/0000144529/index.html
の編集後記を読んでいたら、

森さんという方のメルマガ
◎「タシデレ通信」
http://archive.mag2.com/0000148361/index.html
の編集後記が紹介されていて、

そこから「かなろぐ」というブログで
チベットの歴史を踏まえたわかりやすい解説のテレビ番組動画(ブログの下のほう)と
吐き気がして目をそむけたくなるようなチベット虐待についてかかれた
業田良家さんの漫画を見ることが出来ました。
http://blog.goo.ne.jp/kanataylfc/e/485e7f89d4594e462fbaa904109fce86

人間はこんなに残酷になれるんですね。
節約すれば暮らせるくらいのお金があれば幸せに生きていけるのに、
(世間でいうワーキングプアに分類されるのかもしれない私ですが充分です)
どうして権力を持つものはおかしくなってしまうんでしょう。
一般人のレベルなら中国人だって親切でしたよ。

livedoor ニュース - 世論調査でも
ほとんどの人が中国上層部のやり方を非難していますね。
http://news.livedoor.com/issue/list/280/

チベット人のささやかで幸せな日々が取り戻せる日を願っています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

<< 旅イベントがつぎつぎ♪ // HOME // 毎日新聞で『世界一周NAVI』が紹介されました♪ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://voila3.blog27.fc2.com/tb.php/89-451d5a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。