世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2010年2月には共著『世界一周NAVI』(同)の改定版がでました。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2012年に改訂版の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~、私の本業は建築士です、とプロフィールに書いているものの
ご存じない方もいらっしゃるかと思います。

旅から帰ってきてからも設計事務所に勤めているのですよ(^^

今日は建築士としての一面を報告しようと思います。


まず、建築士会という団体が全国にありまして、
毎月会報を出しています。

建築士会報:表紙(私の夢特集)2008.1月号


1月号はお正月特集ということで各県から「私の夢」というお題で建築士が記事を寄せました。
岡山県は私が書かせていただきました~
クリックすると拡大するので、よかったら読んでみてください(^^

建築士会報:一度は設計してみたいMY美術館(岡山県のページ)



また、岡山県独自でも2カ月ごとにカラー冊子になった会報『建築岡山』を発行していて、
丸善・紀伊国屋・喜久屋さんで販売しているのです。

広報委員が企画、校正をしているのですが(編集・デザインは創文社におまかせです)、
実は私も広報委員の一員だったりします。

1月号では今、話題になっている改正建築基準法について
本音で建築士達が語っています。

ニュースで明るみになっているのはごく一部の話。
遅れているのは住宅の着工だけではありません。
むしろある程度の規模で構造計算が必要な建物が着工までに時間がかかっています。
また、資金繰りが深刻で倒産の危険にさらされているのは中小企業・個人企業です。

体制が整っていないのに法律施工してしまったのが最大の要因だと考えられますが、
審査員をふやすなど体制改正を望みます。
また建物をよくするための法律であるはずなので、
書類作りを目的にしてしまってはいけないと思います。

利潤だけを追求しているディベロッパーが一番悪いのに、それを取り締まることは考えずに、
善良な建築士をも苦しめるやり方に憤りを覚えます。


ご興味を持っていただいた方は本屋さんに2月までは置いていると思いますので
(ご案内遅くなってごめんなさい)
記事を読んでいただけたらと思います。
画像だと読みにくいかもしれませんので。

建築岡山:表紙2008.1月号


建築岡山:改正建築基準法を問う座談会記事1


建築岡山:改正建築基準法を問う座談会記事2


建築岡山:改正建築基準法を問う座談会記事3


以上、建築のお話でした~


FC2 Blog Ranking 1日1回応援クリックよろしくお願いします♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

<< 『漢字セラピー ─五つ星のしあわせ』に掲載していただきました♪ // HOME // 土曜日ラジオの時間が変更になりました~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://voila3.blog27.fc2.com/tb.php/83-9d28bb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。