世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2010年2月には共著『世界一周NAVI』(同)の改定版がでました。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2012年に改訂版の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Aube-比較芸術学』創刊のご案内

今回は「すまう」ことがテーマです。
大原美術館館長、高階秀爾先生による
「大原美術館の成立と二十一世紀の課題」などの記事も!

Aube―比較藝術学〈第1号〉 Aube―比較藝術学〈第1号〉
芳賀 徹、高階 秀爾 他 (2006/11)
淡交社

この商品の詳細を見る


京都造形芸術大学 比較藝術学研究センター紀要

『Aube-比較芸術学』(オーヴ)
(全国の書店・ネット書店で発売 淡交社 1800円+税)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447303318X/nagatabi-22

今後定期的に出るこの本は、各号でテーマを決め、それに沿ったかたちで、
京都造形芸術大学 比較藝術学研究センターに所属する第一線の研究員が、
美術、文学、建築、造園など、多様な分野を自在に横断して比較する
新しいタイプの読み物です。

第1号の特集は「すまう」。
京都ならではのトピックと比較藝術学の楽しさを味わってください。

紀要とは、大学・研究機関などで定期的に出す研究論文集のことです。
三省堂提供「大辞林 第二版」より


『Aube-比較芸術学』目次で~す。

表紙 津上みゆき VIEW

比較藝術学研究センター設立主旨

巻頭鼎談 「堂本尚郎展」記念講演会でのシンポジウム    
特集 「すまう」

芳賀 徹「住まいの感覚、家への夢-日本詩歌のなかの住居の表現」
仲 隆裕「日本庭園の用と景」
林 洋子「住居としてのアトリエ」
下村泰史「〈すまう〉こと、その広がりをめぐって」
荒川朱美「亀屋町萬年荘-職住一体の住まいづくり」
芳賀 満「人のすまい、民族のすまい
     -中央アジアのウズベキスタンでの美術・考古学予備調査を踏まえて」
エッセー
君野隆久「人を待つ家/詩 立原道造〈ヒヤシンスハウウス〉」
尾関 幸「立方体のミクロコスモス-シンケル最後のすまい」
__________________________________________________________
シンポジウム1「松竹梅のメッセージ-藝術と生活と山川草木」

李 御寧「アジアから発信する寒さの美学」
宮崎法子「松竹梅の美術」
高階秀爾「日本における〈松竹梅〉イメージの特質とその変容」
_____________________________
シンポジウム2「藝術から見る二十一世紀」

アン・ダノンコート「マルセル・デュシャンとフィラデルフィア」
                 (フィラデルフィア美術館長)
ジェラール・レニエ「サトゥルヌスの最後の子ども」(パリ・ピカソ美術館長)
長谷川裕子「金沢二十一世紀美術館のコンセプトと展望」
高階秀爾「大原美術館の成立と二十一世紀の課題」
___________________________________________________________
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447303318X/nagatabi-22


●『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』─女ひとり世界一周旅日記(イカロス出版) 増刷決定! もよろしくです♪
333ページ、自作カラーイラスト・写真もいっぱい
http://jpan.jp/?amazon3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

<< 今話題のケータイ小説『クロスロード』が山陽新聞にも登場 // HOME // 早生凛さんレディオモモ番組が視聴可能に! >>
コメントありがとうございましたぁ~

早速、寄らせて頂きました。
これからも宜しくお願いしますね。
【2006/12/19 Tue】 URL // あっちゃん #- [ 編集 ]
あっちゃんさん、ありがとうございます♪
若棟梁、遊びに来てくださってうれしいです。
これからも職人振りを発揮してください!
【2006/12/20 Wed】 URL // ぼあら #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://voila3.blog27.fc2.com/tb.php/43-969f9dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
建築業法について、調べてみました。参考になると良いのですがいかがでしょうか
[ 建築業法 建築業法編 ]
コスモス花言葉やコスモス花言葉に関する情報など素敵なコスモス花言葉を紹介していくサイトです
[ コスモス花言葉やコスモス花言葉厳選サイト ]
大原美術館の創始者、大原孫三郎は早稲田大学の先輩だった。美術館@美術館情報の美術館館長大作です。美術館めぐり。今日の美術館情報は、美術館です。倉敷紡績の3男として生まれた大原孫三郎は明治30年(1897年)に東京専門学校(後の早稲田大学)に...
[ 美術館[美術館ブログ]美術館情報 ]
岡山旅行 【2007/02/07 Wed】
岡山旅行のご紹介です
[ 岡山旅行情報 ]
サトゥルヌスについて 【2007/02/09 Fri】
サトゥルヌス『わが子を食うサトゥルヌス』(プラド美術館)サトゥルヌス(サートゥルヌス S?turnus)は、ローマ神話に登場する農耕神。英語ではサターン。ギリシア神話のクロノスと同一視され、土星の守護神ともされる。妻はオプス、あるいはルアとされる。彼を祀る神殿は
[ 神話&神々の研究 ]
- 【2007/04/04 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
- 【2007/04/09 Mon】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
二都 【2009/08/20 Thu】
 「ことばで織られた都市 近代の詩と詩人たち」(三元社)を読んでファンになった君野隆久さんの詩集から。
[ magnoria ]
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。