世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2007年12月には共著『世界一周NAVI』(同)がでて、その後3回改訂されています。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2017年に3回目の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI 改訂版』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI 改訂版』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界一周とひとくちに言っても様々な方法がありますが、
 なんと自転車で、しかも有給休暇を4年3カ月も取って
 実現しちゃった人がいます。

 ひ弱なバックパッカーであり、有給休暇を一度もとったことがない
 ぼあらには両方縁遠いのですが……
 ひそかに自転車は好きだったりします。

 ごくたま~に急な峠を越えて学校に行ったこともありましたが、
 もうできません(遠い目)。

 そのたくましい自転車乗りの坂本達さんが岡山くんだりまで
 講演をしに来てくだると聞いて、早速参加しました。
 実は今年でもう4回目だそうです。
 教えてくれたMさん、ありがとう♪

 坂本さんがだされている本は2冊読んでいて
 スポンサーや勤めている会社、現地の人の心を動かしてしまう
 行動力と気概に敬服していたのですが、
 (なかなか真似できることではないなあという感じです)
 お話を聞いて共感することがいっぱいでてきました。
 ぼあらの旅の道中だとか、帰国してから今に至るまでに感じたことを
 次々と思い起こさせてくれました。

 お話の中でも、
 「貧しい村の子供達も毎日の水汲みであるとか
  家族の一員として自分の役割をちゃんと知っていて、
  自分は必要とされていると感じていた」
 とういのが印象に残りました。

 これってすごく大事なことだと思います。
 家族の中でも学校でも会社でも自分は役に立っている、
 認められていると自覚できていれば、それだけでがんばれますよね。
 生きていく基本というか土台ができていれば、
 ささいなトラブルがあったとしても気にならないし、立ち直れると思います。

 どんな旅でも困難があるほどいろいろなことを教えてくれるし、
 それを通じて気づいたことはその後の人生や日常生活に
 きっと活きてくるだろうなあと再認識しました。
 それでいてやっぱり旅は楽しいのですから、いうことなしですよね。

 スライド写真では、段ボール箱いっぱいの坂本さんが書いたお礼状にしびれ
 アフリカのナミビアにある赤砂漠の風景に心打たれました。

 また絶対行きたいところが増えてしまったじゃないですか~

 さすが日本全国を自転車で縦断しながら小中学校を講演したわけです。
 きっと坂本さんがあなたの街を訪れるチャンスもあると思うので、
 ぜひ一度聞いてみてください!
 (企画してみてはどうでしょう^^)

 本のリンクはこちら~
 → http://www.amazon.co.jp/gp/product/4895888134/ref=pd_ecc_rvi_2/250-0767187-5541025?ie=UTF8

 ギニアの民族衣装をまとった坂本さんと
 自転車をかたどったバルーンアートの映像はこちら
 → http://blog.livedoor.jp/voila3/archives/51218976.html

坂本達さん岡山講演会にてギニアの民族衣装
坂本達さん岡山講演会にてギニアの民族衣装

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

<< 増刷ありがとうございます♪ // HOME // ラジオ報告&新タイムテーブルのご案内♪ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://voila3.blog27.fc2.com/tb.php/39-7fc68179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自転車日本縦断の旅 【2007/02/25 Sun】
僕が自転車で日本縦断の旅に出て一年... 当時の記録を残しておこうと思いこのサイトを作りました。日記を基に旅の記録や情報を載せてゆこうと思います。そして、これから旅を始めようとしているチャリダーやライダーの方々役にたってもらえればとても嬉しく思います。
[ 自転車日本縦断の旅 ]
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。