世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2010年2月には共著『世界一周NAVI』(同)の改定版がでました。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2012年に改訂版の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語教員向けの月刊誌『英語教育』4月号に和文英訳演習室というコーナーがあるのですが、
『河本ぼあらの地球はまあるいよ』─女ひとり世界一周旅日記(イカロス出版)の
ギリシャの一節が課題文として登場しました~ びっくり!

今月の表紙はうさぎちゃんですね。
『英語教育』4月号 表紙


今月の和文英訳演習室は田邉祐司先生、Timothy先生が出題者です。
『英語教育』4月号 和文英訳演習室 田邉祐司先生、Timothy先生


『英語教育』4月号 新課題文 『地球はまあるいよ』 の一節


英訳して投稿すると採点してもらえるようです。
英語好きな方、いかがでしょうか(^^
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

紀伊国屋書店クレド岡山店の5階へエスカレーターで登ると目の前に
岡山にゆかりの本がずらっと集合しています。

先日封切になった映画『バッテリー』のあさのあつこさんの本やら
岡山が舞台になったミステリーなど、結構あるものですね~
岡山ブックフェア 全景 紀伊国屋書店クレド岡山店


その中に『河本ぼあらの地球はまあるいよ』も展開していただいています♪
お隣には『徳望お伽文書―黄金伝説謎草子』(甲斐蘭蕃・著)が並んでいます。
この本は岡山が舞台のミステリーみたいですね。
↓画像をクリックすると拡大します。
岡山ブックフェア 紀伊国屋書店クレド岡山店 『地球はまあるいよ』ほか


岡山の本を一堂に見るチャンスなので、ぜひ足を運んでみてください(^^

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。