世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2010年2月には共著『世界一周NAVI』(同)の改定版がでました。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2012年に改訂版の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左のサイドメニューの一番上にリンクしてみましたが、
世界一周実用紀行本『地球はまあるいよ』の感想や書店で見かけた情報などを

投稿するための掲示板を初めて作ってみました~

→ http://b4.spline.tv/voila3/ (クリック!)

お名前(ハンドルネーム)だけでOKなので
気軽に投稿してくださいね♪

すでにあるトピックスへの返信ボタンを押せばタイトルも不要です。


もちろんネット書店などのレビューへの投稿も大歓迎です♪
すでにレビューに書いてくださったものを
コピー&ペーストしてくださってもうれしいです。

→ http://b4.spline.tv/voila3/

投稿お待ちしております(^^
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

おおくの家や事務所にポストインされる情報誌『月刊プラザ岡山』は地元でおなじみですよね。
オールカラーで内容の充実度から人気があり、
丸善岡山店などでも置き本をしています。
それもすぐ無くなってしまうほどです。

表紙をめくりもう一枚めくったところに「笑顔こんにちは」という、
人を紹介するコーナーがあります。

このたび9月号にとりあげていただきました♪
ライターの美澄さんと赤井さんに感謝です。
読むとぼあらとルネスホールの関係があきらかに!?

クリックで拡大!
月刊プラザ岡山「笑顔こんにちは」

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

岡山に大正11年から存在し続ける旧日本銀行岡山支店を耐震改修した
「ルネスホール」がオープンから1年を迎えました。

その記念行事として国末しをんさんを筆頭にフラメンコとスペインをテーマにした
楽しいイベントが行われました~

建物背面の開放的に整備された中庭には
パラソル付のテーブルと椅子がたくさん並んでいましたが、
座りきれない大勢の人であふれていました。

スペインの生ハムやらパエリヤやら、スペインらしい料理を
中庭のベンチでいただいていると、
フラメンコの実演指導が始まりました。

世界で最も難しいリズムのひとつといわれるフラメンコの
手拍子から指導がはじまり、決めのポーズのポイントにいたるまで
普段はなかなか触れる機会のないフラメンコの世界を垣間見ることができました。

そして、当時のデザインをできる限り残しつつ、
新しい耐震柱が4本立っているホール内部でメインの踊りが始まりました。
300席で立ち見が出るくらいの盛況振りで、
開幕までワンドリンクを楽しむ人も大勢いました。
このホールは内部で飲食ができるのも特徴です。

舞台の背景もタペストリーがぶら下がり、青い照明などが幻想的な雰囲気で、
このホールならではの演出だと思いました。

はじめて見たフラメンコはなかなかいよいものでした(^^
タップダンスのような靴音も心地よく感じられて、
願わくば一番前で脚の動きを見たかったです。

開幕後も再び中庭でダンサーの方々の輪の中にフラメンコを習っていると思われる方々が飛び入りし、大勢で楽しく踊っていました。
きっとこれでフラメンコ習いたい熱に火がついた人もおおいことでしょう~

ルネスホールを設計した佐藤建築事務所のホームページにも
建物や中庭の写真がいろいろあります。
top→works→renovation を選択すると見られますよ♪

→ http://www.shoheisato.com/

マウスをかざすとコメントが出てきます~ クリックで拡大します
ルネスホール都市公園でフラメンコの野外ステージ

ルネス1周年記念スペインナイト 国末しをん他 ホール内部

ルネスの庭でフラメンコを踊る人々見る人々

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。