世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2007年12月には共著『世界一周NAVI』(同)がでて、その後3回改訂されています。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2017年に3回目の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI 改訂版』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI 改訂版』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『海外旅行 最強ナビ』でご一緒させていただいた丸山ゴンザレスさんが
単著で『海外あるある』という本を出されました。

夜も更けていたので「まえがき」だけ読んで、
続きは翌日と思っていたのに……気がついたら一気読みしていました。


私が「あるある」と共感したのは、例えば、


「058 外国人(特に白人)の荷物の多さに軽く引く。」

私は世界一周中、合計40リットルのバッグを持ち歩き、
「コンパクトだね」と言われることの方が多かったため、
目を見張るような大きなバッグ(時には段ボール箱など)を
複数持ち運ぶ彼らをジーッと見てしまったことがありました。

反面、女性でもジープの屋根に軽々と大きな荷物を揚げてしまう頼もしさは羨ましいです。



「女子旅あるある① 出入国審査やビザ申請よりも親の許可が一番の難関。」

これは、まさしく!で、『河本ぼあらの地球はまあるいよ―女ひとり世界一周旅日記』でも、
旅の準備の一番最初に「親の説得実例」を書いています。



という感じで、たくさんのネタが載っているので、
自分なりの「あるある」がきっと見つかると思います。

旅人同士集まる場で、お互いどの「あるある」に共感したかを聞きあうのも楽しいかも。

海外ではこんなことが起きるのか!という予習にもなるし、
本がコンパクトで気軽に読めるから、旅のお供にもよさそうです。

よかったら、どれに「あるある!」と思ったかを教えてもらえるとうれしいです♪


◎『海外あるある』 (双葉社) 丸山ゴンザレス著  2014年3月発行 
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4575306355/nagatabi-22
海外あるある表紙
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

岡山ではお正月の風物詩となっている「院展」。
今回も日本画と岡山のお茶の各流派による茶席を堪能できますよ~
私も見に行きます♪


再興 第96回 日本美術院展覧会 院展

■1月2日 (月・祝)→ 1月15日 (日)10~18時   
■天満屋岡山店 6階葦川会館

今回は郷倉和子、松尾敏男をはじめ、後藤純男、田渕俊夫、清水達三ら日本画壇の巨匠や実力作家らの作品を86点展覧します。

日本画アートグッズや水彩画の書籍なども会場で手に入れることができます。

フライヤーのpdfはこちらからダウンロード可能です。
http://arsk.jp/event/2012_jyu_inten.html

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

本日、1級建築士の合格発表がありました。

受かってました!

思えば、世界一周前に軽くチャレンジしたものの及ばず、
帰国後はずっと中断しており、
2009年6月より再チャレンジを始めてから常に試験のことが気がかりでした。

やっと建築人生のスタートラインに立てそうな気がします。

支えてくれた周りの人すべてに感謝です。

ひとまず、これからは自宅の設計を楽しみたいと思います♪


実は、以前紹介した、ひすいこたろう&はるねむさんの『漢字幸せ読本』に
32-34ページの「迷」という漢字エピソードについて2級建築士・河本ぼあらが
1級建築士を受けるかどうか迷って決心する話が掲載されています。

受かるまではちょっと恥ずかしかったのですが、
これからは堂々と紹介できます(笑)

他の話もとてもおもしろい本なので、この機にぜひ見てやってください(^^

発刊された時の記事
http://voila3.blog27.fc2.com/blog-entry-65.html

ひすいさんは次々と新刊を出されているので、そちらも一緒にどうぞ~♪

テーマ:資格取得 - ジャンル:学問・文化・芸術

桜が満開の花見日和に、100歳で亡くなった祖母の3年祭を行いました。

私には葬儀の時から気になっていたことがありました。
それは、用意されていた祖母の遺影写真です。
とても優しい祖母だったのですが、残念ながらその写真にはその優しさがにじみ出ていないように思いました。

その後、ひらめいたのが、いつかパステル画を描いていただきたいと考えていた岡山出身の画家、
多鶴子さんに祖母の肖像画を描いてもらうことでした。

100歳のお祝いの会で撮っていたスナップ写真をもとに、念願のパステル画を依頼!
大変お忙しい中、とても素敵に仕上げてくださいました。
完成した時のことを、パステル画とともに多鶴子さんのブログでご紹介くださっています。
→ http://blog.goo.ne.jp/tazuko-bellissimo/e/3d414ef8b15cf2a53b70949206f743a3

多鶴子さんとは、本がきっかけで知り合うことができ、お互いの本を持たせていただいてます。
お会いするといつも思慮深いお話を聞かせてくださいます。
同時にお知り合いになれた、多鶴子さん主催の絵画教室の生徒さんでもある平岡さんは、
いつも心温まる言葉をくださる方で、私のイベントにまで何度も足を運んでくださっています。
(先日の夢人イベントの記事で最後にふれた方は平岡さんのことでした)
多鶴子さんと平岡さんに再会した時のこともブログに書いてくださっています。
→ http://blog.goo.ne.jp/tazuko-bellissimo/e/c8cea3137a1280fe537364f3afb1d60a
多鶴子さんは、遠くに住む私の別の友人ともつながっていることがわかり、何かと縁があるんですよ~

今回、祖母を慕う人々が集まる中、祖母の肖像画を披露できたことが、とてもうれしかったです。
祭壇に飾った後、お直来会場にも移動して近くで見られるようにして絵の説明をしたところ、
「いい絵だね~」とそれを囲んで覗き込むように熱心に見てもらえました。

河本綾子の肖像画-多鶴子さんによるパステル画


肖像画といえば、姉の河本真理が今年3月に出版した本の表紙も肖像画です。
こちらは、第一次世界大戦の話なので、勇ましい感じの肖像画になっていますが。

『葛藤する形態―第一次世界大戦と美術』(シリーズ「レクチャー 第一次世界大戦を考える」人文書院)
 http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b67957.html(人文書院のページにはシリーズで紹介されています)
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4409511149/nagatabi-22(ネット書店のページ)
 http://sakaecho.omotecho.or.jp/shop/book-yoshida/(岡山市なら吉田書店にあります。近隣は無料配達)

 『葛藤する形態』河本真理著

姉は今月の4/30(土)に京都国立近代美術館で「パウル・クレー展 -おわらないアトリエ」に関連して講演を行います。
パウル・クレーは私が一番好きな画家であるし、講演を聞きに行く予定です(^^

また、その展覧会にちなんだ特集を組んでいる雑誌『ユリイカ』にも寄稿しています。

『ユリイカ 2011年4月号』
特集*パウル・クレー 造形思考のコンステレーション
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4791702212/nagatabi-22

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

この度は本当に大変な災害が起きてしまいましたね。
自分にできることは小さいのですが、
たちまちどこかに義援金を送ろうと考えていました。

少ない金額であっても寄付をするときは、
・そのお金がどのように役に立つのかイメージしやすいところ
・寄付を募っている人の顔が見えやすいところ
を選ぶようにしています。

建築に携わっている者として一番ふさわしいと思えるところを発見しました。

日本はもちろん世界各国の被災地にボランティアで紙による仮設シェルターや間仕切りを提供し続けている
建築家の坂茂さんへの募金です。

約1年間にテレビ番組『情熱大陸』で
ハイチの地震時に仮設シェルターを設置されていた活動をご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ではフランスのメス市にあるポンピドゥー・センター分館が有名ですが、
国家的プロジェクトなど多くの物件を手掛けられています。

そういえば2002年の世界一周中に、アメリカのセントルイスに立ち寄ったところ、
ユースホステルのオーナーがワシントン大学で建築を学んだ人でした。
日本人建築家の話になったところ、オーナーから一番に坂茂さんのお名前があがりました。

せっかく寄付するなら、活動が見えるところにしてはどうでしょうか。
進行をメールで送ってくださるそうです。

募金先などは下記のリンクをクリックしてください。

坂 茂 建 築 設 計
東北地方太平洋沖地震 支援 募金のお願い
Emergency Support for JAPAN EARTHQUAKE and TSUNAMI
http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_news_5.htm

※ネット銀行からの振込で、相手先口座名を打ち込む必要がある場合は、
「ボランタリ-ケンチク バンシゲル」(ボランタリー建築家機構の「家機構」を取ったもの)
としたほうがよいかもしれません。
口座番号を入れれば相手先が自動的に表示されるシステムの場合はまったく気にしなくていいと思います。
私が東京三菱UFJ銀行から振り込んだ時は、「ボランタリ-ケンチク バンシゲル」が自動表示されました。

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

旅をして、本を書いてよかったことが、ひとつ増えました。

今年5月に結婚します。

相手は地元の本屋さんの息子です。

本を書かなかったら、書店営業に行かなかったら、
なかった出逢いでした。

これから建築の仕事をしながら準備に追われることと思います。

今まで以上に反応が遅くて不義理をしてしまうかもしれませんが、
温かい目で許していただけるとありがたいです。

今後とも、どうぞよろしくおねがいします。

新郎新婦

追記:
多田千香子先輩が作ってくれたウェディングケーキの舞台裏話はこちら~

asahi.com(朝日新聞社):日本バウムクーヘン学会デビュー戦(上) - 論より、おやつ。
http://www.asahi.com/food/column/oyatsu/TKY200905110110.html

当日の様子も写真入りで少し載っています

asahi.com(朝日新聞社):日本バウムクーヘン学会デビュー戦(下) - 論より、おやつ。
http://www.asahi.com/food/column/oyatsu/TKY200905180119.html
早いもので、2008年ももう終わりを告げようとしています。

秋から年末はケータイエッセイと建築の仕事が忙しく、
これまでで一番ネットから遠ざかった時期でもありました(^^ゞ

みなさまには本当に何から何までお世話になり、ありがとうございました!
なのに不義理ばかりで申し訳ありません……

今回は喪中のため新年のご挨拶は遠慮させていただきます~

ですが、松の内があけたら、寒中お見舞いをアップする予定です(^^

またよかったらのぞいてみて下さいねっ

来年も、ますますよろしくお願いします♪

テーマ:今年一年を振り返る - ジャンル:日記

2カ月半ぶりの更新です~

10週間にわたるケータイエッセイの連載が無事終りました(^^

過去に訪れた名所が今年になって世界遺産になったり、姉妹縁組があったり、
日本との関連性に気づいたり……
調べなおしていて、自分が一番勉強になりました~

応援してくださった方、ありがとうございます。
ケータイエッセイは連載が完了してから一気読みする方も多いそうなので、
ぜひみなさま一気読みとはいいませんが、少しずつでも読んでやってください(^^

 『世界のジョーダンでしょ? ぼあらのビックリあちこち見てある記』
 http://blegi.jp/novel/top/5306

音声ブログも少しずつですが、更新しています。
 「ぼあらの地球はまあるいよ!」音声で楽しむ世界の旅(毎週金曜日更新予定)
 http://www.voiceblog.jp/voila3/


さて、今日の本題ですが、明日の土曜日に世界的に有名な建築家の安藤忠雄さんをはじめ、
そうそうたるメンバーが集う芸術のシンポジウムがあります。

しかも京都で無料でというのがうれしいですね。

安藤忠雄さんのお話はわかりやすい言葉で力強く、聴くと前向きになれると評判です。
建築に関心がなくても十分楽しめる内容ですよ。

他の出演者もすごい面々なので、もちろんレベルの高い芸術のお話も期待できます。

申し込み制なので下記から今すぐお申し込み下さい(^^

----------------------------------------------------------------------

京都造形芸術大学 比較藝術学研究センター 国際シンポジウム
「〈もののあはれ〉のデザイン―〈生活=芸術〉の新たなる地平」

■日 時:2008年12月20日(土)10:00~17:30(開場9:30)

■場 所:京都造形芸術大学 春秋座

■主 催:京都造形芸術大学比較藝術学研究センター

■司 会:高階秀爾(京都造形芸術大学比較藝術学研究センター所長)

■出演者:安藤忠雄(建築家・東京大学特別栄誉教授)

      カタリナ・V・ポッシュ(プラット.インスティテュート准教授)
      アン・サンスー(デザイナー・弘益大學校教授) 
      内田 繁(桑沢デザイン研究所所長)    
      柏木 博(武蔵野美術大学教授)
      鶴岡真弓(多摩美術大学・芸術学科教授)
      仲 隆裕(京都造形芸術大学環境デザイン学科教授・
比較藝術学研究センター研究員)
      芳賀 徹(京都造形芸術大学名誉学長)

■入場無料・定員600名(事前申込制)


【シンポジウム主旨】
 京都造形芸術大学比較藝術学研究センターは、これまで、文部科学省による
オープン・リサーチ・センター整備事業の一環として、
「芸術と生活」の統一テーマのもとに、さまざまの歴史研究、実地調査、現代造形表現
の試みを重ねて来た。

今回の国際シンポジウム「〈もののあはれ〉のデザイン―〈生活=芸術〉の新た
なる地平」は、5年間にわたるこの多面的な活動の棹尾を飾るもので、日本人の生
活感情のなかに深く浸透している「もののあはれ」の美意識――不変、一定のも
のの対極にある「うつろいの美学」――が、建築、室内装飾、家具調度、什器、
衣裳、さらには造園や都市計画など、生活と密接に結びついた諸芸術の分野でど
のような表現を生み出して来たか、そしてそれがどのような特質と将来への可能
性を持っているかを、アメリカ、韓国からの招聘者をまじえた研究者、建築家、
デザイナー、アーティストによって幅広く論じようという文字通りの知的饗宴の
試みである。

それは、われわれの祖先の残した豊かな芸術遺産の意義を改めて見直すとともに、
今後の創造活動への新たな指針と展望を提供する絶好の機会となるであろう。

■申込方法
聴講を希望される方は、電話、ファックス、HPの申し込みフォーム、いずれかの方法でお申し込みください(ファックスの場合は、定員を超過しない限り、特に返信いたしませんので、ご了承ください)。
電話:075-791-9167
ファックス:075-791-9181
URL: http://irccas.kyoto-art.ac.jp/

----------------------------------------------------------------------

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

世界一周中に行ってみたいと思いつつ行きそびれたチベットですが、
ご存知のように大変なことになっています。

ひとつ言える事は、これだけ中国が情報を流さないようにしているということは、
隠したいことがあるということです。

ラジオで「ダライラマ側は中国と反対の情報を出しているので、そちらも見るといい。
今、目の前で起こっていることだけに注目するのではなく、歴史の文脈から判断するべきだ」
といったことを主張しているジャーナリストの方がいて、
なるほど~と思いました。

世界一周をしてから特に「情報は鵜呑みにせず自分で判断するべき」と思うようになり、
『世界一周NAVI』の中にもそのように書きました。
正しい判断はかなり勉強しないとくだせないはずで、
私の弱いところですが、歴史をあまり知らない……
それでも想像することはできます。

おあつらえ向きに昨日カオルさんのメルマガ
◎「海外旅行なんでも相談所」~旅を50倍楽しむ秘訣!
http://archive.mag2.com/0000144529/index.html
の編集後記を読んでいたら、

森さんという方のメルマガ
◎「タシデレ通信」
http://archive.mag2.com/0000148361/index.html
の編集後記が紹介されていて、

そこから「かなろぐ」というブログで
チベットの歴史を踏まえたわかりやすい解説のテレビ番組動画(ブログの下のほう)と
吐き気がして目をそむけたくなるようなチベット虐待についてかかれた
業田良家さんの漫画を見ることが出来ました。
http://blog.goo.ne.jp/kanataylfc/e/485e7f89d4594e462fbaa904109fce86

人間はこんなに残酷になれるんですね。
節約すれば暮らせるくらいのお金があれば幸せに生きていけるのに、
(世間でいうワーキングプアに分類されるのかもしれない私ですが充分です)
どうして権力を持つものはおかしくなってしまうんでしょう。
一般人のレベルなら中国人だって親切でしたよ。

livedoor ニュース - 世論調査でも
ほとんどの人が中国上層部のやり方を非難していますね。
http://news.livedoor.com/issue/list/280/

チベット人のささやかで幸せな日々が取り戻せる日を願っています。

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

先日のことになりますが、私の祖母、綾子の100歳を祝う会が開かれました♪

ごく身内で集まりお膳を囲み、談笑するというものでした。

岡山県からは「およろこび」
岡山市からは「岡山市名誉長寿証」(そういうものがあるんですね!)

をいただいてまして、
県の方がお誕生日当日に来られたときに読み上げてくださったらしいんですけど、
おばあちゃんも一緒に読み上げたそうなんです。

そんな人は初めてだったそうで、
後日に開かれたお祝いの会でもみんなの前で読んでもらう事にしました。
おばあちゃん、漢字もバッチリです(^^ 

岡山市名誉長寿証を読み上げるおばあちゃん


その後、ぼあらより花束と本のプレゼントを渡しました。

 おばあちゃんに100歳お祝いの花束贈呈


おばあちゃんを囲んで、母、姉とともに記念撮影。
ちなみに姉の本が賞を受賞し、ダブルおめでとうでした~
受賞についてはこちらを見てください(^^

100歳のおばあちゃん、お母さん、お姉ちゃん、ぼあら(右下)

仏様のような優しいおばあちゃんには、これからも長生きしてほしいです!

テーマ:家族日記 - ジャンル:日記

今日は本当に楽しい誕生日でした。

いままでは姉や一部の人を除いては
結構忘れ去れることが多かったのですが、
まず、母親が覚えていてくれたのがうれしかったです。
姉からの誕生日ケーキも美味でしたっ

昨年は本の校正に追われ、一歩たりとも外に出なかったのですが、
今日は一日お出かけ♪

TAZUKO多鶴子さんのパステル画展にも行ったし、
森田恵子さんの写真展にも行ったし、
アートボックスSARASAにも行ったし、

ちょうど仕事で岡山に来ていた韓国人(Korean)のKさんと
友達のKさんと私(KOMOTO)の4K?でバースデーディナー♪
を満喫しました。

そして、帰ってくると岡山スタコミmixiなどの
お祝いメッセージがたくさん♪

本当にありがたいことですね~感謝感謝です!

世界一周中のタスマニアでの誕生日以来の
嬉しい誕生日でした~♪

ありがとうございます!


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。