世界一周を応援する実用紀行本『河本ぼあらの 地球はまあるいよ』の出版に関することなどをお話していきます
プロフィール

河本ぼあら(こうもとぼあら)

Author:河本ぼあら(こうもとぼあら)
女ひとりで世界一周してきました。
300日間、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの約30カ国、100都市をめぐる旅です。
 その体験をもとに、自作イラストや写真入り紀行文とガイドブックを兼ねた『河本ぼあらの地球はまあるいよ』(イカロス出版)が2006年に出版され増刷となりました~
2010年2月には共著『世界一周NAVI』(同)の改定版がでました。
 2011年8月に共著『世界一周 Traveler's Voice』(同)が発刊され増刷されました。

 2006年から1年間、岡山シティFM79.0MHzレディオモモ開局10周年記念番組、毎週金曜日19~20時 LAWSONプレゼンツ「ぼあらの地球はまあるいよ!」をお届けした際は、応援ありがとうございました。

 1級建築士。これから旅に出る人を応援したいです♪ 岡山市在住 (西大寺高校、岡山大学、理大専門学校夜間部 出身)

 シンプルなものが好きです。旅をして、持ち物の数を抑えたシンプルな暮らしのよさも実感しました。しかし家に帰るとモノが溢れているので、これからは極力増やさないことをモットーにしています。
 デザイン的にもシンプルが一番です。他の方がされているのは全く問題ないと思うのですが、私自身は、花柄・フリル・レースといったものがどうしても受け付けません~(^^ゞ

著書の紹介

最初の本『地球はまあるいよ』です。 中のイラストも写真も紀行文もガイドも全部ぼあら作です(^^
実際に旅行に出る前には、下記の『世界一周NAVI』なども参照してください。 2冊の関係はこちらのブログ記事の表で詳しく説明しています。(表は2010年時点です)
画像をクリックするとネット書店へ飛びます。岡山の方は吉田書店へどうぞ~ 河本ぼあらの地球はまあるいよ表紙 
↓2012年に改訂版の改訂版がでました。こちらは共著。 『新・世界一周NAVI』。巻頭特集で世界のお勧めスポットを紹介したり、長旅のお金の持ち方など詳しく解説。
 『新・世界一周NAVI』表紙カバー 
↓こちらも共著。『世界一周 Traveler's Voice (旅人の声から生まれた世界一周&航空券ガイド)』 。巻頭特集「世界のランドマーク」コーナーの文章(全て)と写真(半分ほど)を担当。 。
 『世界一周 Traveler's Voice』 

↓数種類のコラムを執筆協力した『海外旅行 最強ナビ』です。 中南米への新婚旅行の珍道中もチラリ
 『海外旅行 最強ナビ』 

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

無料メールマガジン
ブロとも申請フォーム
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
2007GW「世界旅行セミナー」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶんと暑い日々が続きますね。

今日は、そんな暑さを吹き飛ばすようなパワフルな一人旅女子を紹介します。

ぼあらと同じ岡山出身ですが、なんと自転車で日本一周しちゃいました!
ひ弱なバックパッカーとしては尊敬するしかありません~
でもって、ついに本まで出版しちゃいました!

同じ出版社で、同じ編集者という縁で、すっかり仲良しになったのですが、
出来上がった本を見ると、分厚さも値段もほぼ同じ!

共通点がいっぱいで、姉妹本に見えてきました(^^

愛車の「きんた号」をはじめ、図解もたっぷりで、ガイド本の要素もありますね~

『女チャリダーふれあい日本一周ひとり旅─よく泣いてよく笑った 700日自転車旅日記』
くぼた まきこ著・イカロス出版

女チャリダー


岡山市の方はぜひ表町の研文館 吉田書店レジ前で姉妹本を見てやってください。
http://sakaecho.omotecho.or.jp/shop/bookyoshida/
その他の地域の方は地元の本屋さんあるいはネット書店でお求めください。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4863207549/nagatabi-22

くぼた まきこさん、愛称「きんた」さんのブログ
「きんたのトホホ練習日記」には出版の苦労もつづられていて、自分の出版のことを思い出します。
紙の赤ちゃんを産んだばかりの「きんた」さんですが、もうすぐ、本物の赤ちゃんも生まれてきます(^^
http://blog.livedoor.jp/maco_q/

スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

さて、夏休み。宇宙の旅に出かけたいなら、プラネタリウムがお手軽です。

岡山市で今年春にリニューアルオープンしたのが
「人と科学の未来館サイピア」
http://www.sci-pia.pref.okayama.jp/index.html

実は、サイピアの建物リニューアルに際し、設計事務所のスタッフとして工事監理だけ担当しました。

イベントも目白押しですが、ぼあらが特に気になったのは、

8月10日(土)に上映される
 「英語でプラネタリウムを聞いてみよう!その2~Welcome to the Solar System~」

第1回目は好評だったそうで、
岡山にいながら、海外旅行というか地球の外に宇宙遊泳している気分?

さらに、サイピアの ゆるキャラであるサイピィが
「ミュージアム キャラクター アワード2013」にエントリーしています!
http://www.sci-pia.pref.okayama.jp/news/index.cgi?c=topics_view&pk=1374135463
http://www.museum.or.jp/

他のキャラと比べてもよくできてると思います。
サイピィかわいい!と思ったら、ぜひネットから清き一票を~
同じIPアドレスのパソコンからは複数投票できませんから、一人一回でお願いします。
目指せミュージアム キャラクター日本一!

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

私が世界一周から戻った時に就職した佐藤建築事務所。
ちょうど、旧日銀岡山支店をルネスホールに改修するプロジェクトが実働し始めたころでした。

私は直接の担当ではありませんでしたが、この難しい改修物件について、
みんなで手分けして図面や見積を仕上げることに参加できたのは貴重な経験でした。

できあがったルネスホールが大好きで、
県外から人が来るときや、どこかカフェでお話しするというときは、
まず第一にルネスホールの公文庫カフェを提案してきました。

公文庫カフェに行くと知り合いの人に偶然会うことが多く、
その知り合いと知り合いになることもしばしば。

ちなみに結婚式もルネスホールであげることができました。

ともかく多くの人に使い続けられていることがなによりです。

そんなルネスホールが今年、日本建築学会賞(業績)を受賞して、
佐藤正平所長をはじめ、みなさんの苦労が報われた気がして嬉しいです。

今日は、その授賞式が東京の建築会館であり、所長達が出席するので
私はお留守番していました(^^

学会賞受賞作品のパネル展示も同会館にて6月8日まで開催中です。
近々見に行ってこようと思います。


下記のように受賞について、さまざまなところで取り上げられました。

2012日本建築学会賞(業績名:旧日本銀行岡山支店の再生・活用に至る一連の活動)
http://www.aij.or.jp/2012/prize2012.html
評価内容
http://www.aij.or.jp/jpn/design/2012/pdf/g-gyouseki03.pdf

↓新聞は画像をクリックする度に大きくなります。

山陽新聞夕刊20120510s.jpg

旧日銀-学会賞-岡山-山陽新聞0506

日本建築学会賞ルネスホール読売新聞0416.jpg

RSKラジオ「おかやま朝まるステーション1494」に所長がゲスト出演(7月16~18日石田好伸さんの回)
http://www.rsk.co.jp/radio/asamaru/

Radio momo(岡山シティエフエム)の「アンクル岩根の岡山ライブラリー」に所長がゲスト出演(4月28日)
http://www.fm790.co.jp/program.html

RNC西日本放送テレビ 「ルネスホール」で検索すると(大正の建物生かす取組に建築学会賞)の記事が(4月18日)
http://www.rnc.co.jp/news/index.asp?mode=3&nwnbr=2012041808&word=ルネスホール&page=0

岡山県のページ
http://www.pref.okayama.jp/site/presssystem/275696.html

佐藤建築事務所のページ  右下に表れる文字「news+colmun」をクリック
http://www.shoheisato.com/

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

私達の結婚式のウェディングケーキを焼いてくれた多田千香子先輩が
またもやカワイイ本を出版されました~♪

『パリのおやつ旅のおやつ』(朝日新聞出版)
おいしそうなおやつの写真とレシピを中心にエッセイが添えられていて、
なんと私のことも74ページにウェディングケーキとなったひとくちバウムクーヘンのレシピとともに
掲載されています~
絶品のバウムクーヘン・ウェディングケーキは今まで食べた中で一番おいしく、
また食べたくてしょうがないです。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/402331000X/nagatabi-22

岡山市出石町のpieniで出版記念イベントも行われます。
私達は夫婦で初日に参加します♪

1月7日(土)14:00-16:00 おはなし&おやつ会
1月8日(日)14:00-16:00 おはなし&おやつ会
1月9日(月)11:00-17:00 写真展&サイン本販売
http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20111203

『パリのおやつ旅のおやつ』のもとにもなった『朝日クッキングサークル』連載の記事には
エッセイがたっぷり載っています。
レシピは『パリのおやつ旅のおやつ』で確認しておいしいおやつを作ってくださいね♪

ひとくちバウムクーヘン
旅々おやつ手帖
↑エッセイはクリックすると大きくなります

テーマ:手作りおやつ - ジャンル:グルメ

世界一周スクール後の早稲田歩きは、なかなか楽しかったです。

旅のお絵かき作家 とまこ ちゃんのブログを見ていて気になった
travel books & coffee
CAT'S CRADLE
http://web.me.com/cats_cradle2007/cats_cradle/Cats_Cradle.html

にお邪魔してみました~

おススメしてくれた とまこちゃん(右)と 南まいちゃん(中)と一緒にキャーキャー
CAT'S CRADLEで とまこ ちゃんと まいちゃんと(写真提供:とまこちゃん)

だって、旅本がこんなにたくさん並んでるカフェはそうないですよ~
CAT'S CRADLE店内
旅に持っていくノートも扱っていて、噛めば噛むほど味が出そうな旅カフェです。

しかも、旅だけにとどまらず、建築本も充実しているのです!
私が世界一周中、それを片手に周った『ヨーロッパ建築案内』をはじめ、
かなり建築好きでないと持ってなさそうな本まで、
素敵な書斎コーナーを中心に並んでいます。

ここで一日中読みふけったら幸せよね~と妄想が膨らみます。
CAT'S CRADLE 書斎コーナー

「旅と建築」という私の2大テーマを満たすカフェにすっかり魅了されて、
『河本ぼあらの地球はまあるいよ―女ひとり世界一周旅日記』を本棚の仲間に入れてもらうことに。
「旅と建築」好きの人にかわいがってもらえるといいなあ~


ルンルン気分でカフェを出ると、道を挟んだ向かい側には異様なオーラを放つ建物が!
「ガウディですか?」という雰囲気の集合住宅が圧倒的な存在感でドーンと構えています。

その名も「和世陀」! なんか似合ってるよ、その漢字。

建築MAPにもしっかり載ってました。

この建物に掛けられたエネルギーは半端ではありません。
見ずにはいられないもの。

雑貨屋と美容院の間の通路からのぞくと、手が見える?

「和世陀」の手イス(写真提供:南まいちゃん)

何とこれベンチなのです~

上からビードロみたいなランプが無数にぶら下がる通路ではしゃいでしまう。
「和世陀」通路(写真提供:南まいちゃん)


詳しいレポートは、まいちゃんのブログも見てね♪




テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

以前、旅の日イベントに参加させてもらった世界一周団体TABIPPOのみなさんが
今度はとてつもなく大きなイベントを計画しています!

プレゼントもいっぱいありますよ~

旅好きなら行かないと損です!


↓詳しくはコチラ!


~旅へのきっかけを全ての若者へ~


旅したい、ワクワクしたい、何かを始めたい…
そんなあなたの『想い』に応える最高のイベント!


…─────────────────────────────


  TABIPPO2011 ~世界一周は日本を変える~
…─────────────────────────────…

開催決定!!


1500人の旅好き達が集う旅の祭典。


   …─────────…
なんと EXILEのUSA さんの特別講演も決定!!
   …─────────…


さらに世界一周コンテストwizTABIPPOの決勝プレゼンや、
豪華景品が当たる抽選会も.....!


↓TABIPPO2011公式サイトはコチラ↓
http://tabippo2011.com/
↓携帯の方はコチラ↓
http://ow.ly/40Okf


以下、イベントの詳細です!!


TABIPPO2011~世界一周は日本を変える~
【日時】3月10日(木) 12:30-15:30 (11:00開場・写真展開始)
【場所】アプリコ(大田区民ホール)http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/aprico/【参加費】1000円
【コンテンツ】


…────────────────────…
1、豪華ゲストによる旅のトークライブ
…────────────────────…
旅と踊りを愛する男、EXILEのUSAによる特別講演もが決定!!
さらには観光マーケティングプロデューサー江藤誠晃氏と
世界一周団体TABIPPOによる衝撃のトークセッションも。


…─────────────────────────────────────…
2、世界一周が実現するコンテスト「wiz TABIPPO」決勝プレゼン
…─────────────────────────────────────…
300人全員の世界一周を実現するコンテスト『wizTABIPPO』
1ヶ月間におよぶ審査によって300人から選ばれた3名による熱い決勝プレゼン!
1500人の投票によって決定された最優秀賞者には世界一周航空券を贈呈!


…──────────────────…
3、春のジャンボ旅っくじ 抽選会
…──────────────────…
TABIPPOから参加者の皆様に世界一周への「一歩」を踏み出せる
素敵な商品をプレゼント!これであなたも明日から旅に行けるかも...!?


…──────────────────…
4、世界一周「僕ら」の写真展
…──────────────────…
世界中を旅した学生たちが自分達の目で見て撮った写真。
今回は、そんな写真達を繋げて世界一周を実現します。
皆さんも世界一周を感じませんか?


▼参加申し込み▼
⇒ http://tabippo2011.com/
▼携帯電話からのお申し込み▼

以下の内容で
【tabippo2011@gmail.com 】までメールでご連絡ください。

[件名] 【参加申し込み】TABIPPO2011

[本文]
1、名前
2、メールアドレス
3、大学(所属)・学年
4、ご同行者様のお名前
メールをして頂いた方には追ってメールでご連絡致します。

▼その他お問い合わせはこちら
⇒ tabippo2011@gmail.com


皆様のご来場を心よりお待ちしております。


世界一周団体TABIPPO

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

最近、右目の下がず~っとピクピクしているぼあらです。

お盆が始まろうとする頃、
8月12日の山陽新聞14面に、
第36回大原美術館美術講座で講演した姉、河本真理の記事が掲載されていました。
http://makomoto.seesaa.net/article/159246183.html

私は美術講座への参加は初めてでしたが盛況で、300人の部屋がほぼ満席でした。
テーマもパウル・クレーなどとても好みのものばかりで、充実していました。


今年のお盆もうも終わりですね。
ぼあらはもちろん、1級建築士の製図試験のお勉強をしておりました。
旦那さんの兄夫婦が帰省していたので、1日だけ実家界隈の岡山県立児童会館プラネタリウムへ
話題の「はやぶさ」の映画を一緒に観てきました。

プラネタリウムならではの360度に広がる宇宙を体験できました~
はやぶさと一緒に空を飛んだ気分♪

『おかえり。「はやぶさ」』上映会のことを知ったのは、
旦那さんが愛読しているメルマガでの紹介がきっかけです。
執筆者は、旦那さんの高校の先輩でもある県議会議員の佐藤真治さんです。
http://satoshin.jp/index.html

佐藤さんは毎日メルマガを配信されていて、すでにその数3600号を超えています。
半年に一度の配信になってしまった、ぼあらとは大違い。
そのメルマガのリンクをたどると……
http://hayabusa-okayama.com/
上映実行委員の池本さん(代表)と井上さんは私のお友達。
しかも事務所は私の実家のある西大寺のカフェ茶蔵に構えています。
そこでお弁当買ったことあるな~
これは、ますます観に行かなくちゃ!
(ちなみにチケットは吉田書店でも扱ってます)

ということで児童会館へ向かったら、もうひとつ思いがけないものを発見~

チボリ公園のランドマークタワー内にあった、
コペンハーゲンの街を模した巨大ジオラマです。

たまたまランドマークタワーの解体見積という仕事をしたことがあったんですよ。
建物はもちろん、巨大ジオラマを壊すのがもったいなくてもったいなくて、
せめて移動できるジオラマについてはお金持ちが輸送費用を負担してくれて、
コペンハーゲン市に寄付したらすごく喜ばれるんじゃないかとか妄想したり……

だってね、26棟くらいの立派な主要建物の模型がちゃんと街をつくっていて、
大きな建物になると1棟で延べ100人分×日数くらいの手間がかかっているわけです。
周辺の小さな建物や、道や川や木や人や車や船なんかもあわせると、
とてつもない手間ですよ~

それが先ほどの佐藤さんのメルマガで「チボリから救出したいものがある」と
書かれていたので、ひそかに期待していたのでした。

実物を目の前にして、とてもホッとしました。
あまり時間がなかったので、今度はじっくり見に行きたいです。

なんとこの岡山県立児童会館は、岡山県の財政危機のために閉鎖がとりざたされています。
反対の声が多くあがっているため、耐震診断結果をふまえるそうですが、
引き続き意思表明をしていくことが重要だと思います。

はやぶさ上映の後は2階ロビーでぜひとも、閉鎖とりやめ存続希望の署名をして帰りましょう!
(ジオラマちゃんの居場所のためにも~んっ?)

その署名の列に並んでいたら、
何かとお世話になっているカカトコリさんがカメラを構えている姿を発見。

カカトコリさんは文系とおもえる『一天地六の法則』の著者ですが、
工学部出身のため、「はやぶさ」にもひとかたならぬ想いがあり、熱く語られていました。

詳しくはカカトコリさんのブログを見てください(上映前に読むとよい本まで紹介)。

はやぶさのことをしっかりと書いている記事なのに、
タイトルが「○○ぼあらと恐竜の○○○○」になっているところが笑えます(^^
http://ameblo.jp/cacatokori/entry-10618650780.html

ちょうど姪っ子のKAHOちゃんが宇宙遊泳している写真も載っていました。


その後、西大寺の隠れ家「家庭料理きなこ」へお食事に。

これまた「はやぶさ」上映会実行委員の井上さんと私の共通のお友達が料理人なのです。
8月25日発売の『Osera』(お買い求めは吉田書店へ)に登場するそうですが、
ランチは9月下旬まで予約でいっぱいという人気ぶり。
おいしくて楽しくて目の保養になってリーズナブルだから、うなずけます。

ちなみに「きなこ」はワンちゃんの名前から取っています。
今話題の映画「きな子」とは偶然の一致のようです。

では、おいしいものを食べて、残暑も乗り切っていきましょう~


テーマ:岡山県♪ - ジャンル:地域情報

私の姉、河本真理が
「コラージュの歴史」について
雑誌『装苑』4月号に寄稿しました。

『装苑』って74年も続いているんですね。
コラージュを特集するあたり、ただのファッション誌ではないことが
うかがい知れます。

イメージ画像はこちらの姉のブログに載せています

→ http://makomoto.seesaa.net/article/142480341.html

店頭で見かけたら手にとって見てくださいね(^^

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

熱中夜話見てくださった方、ありがとうございました~

さて、姉達が企画した美術シンポジウムが10日後にあります。
私も聞きに行きます!

シンポジウム自体は無料ですが、事前登録が必要ですので、
ご興味のある方は明日中にお申し込みください。
直前のお知らせですみません(^^ゞ

詳しくは下記をご参照ください~


日仏美術交流シンポジウム「シュルレアリスムの時代――越境と混淆の行方」
Les années surréalistes « La beauté convulsive » au-delà des frontières
■日 時:2009年11月22日(日)10 : 30 ~18 : 00
■場 所:日仏会館ホール
■主 催:日仏美術学会
■助 成:(財)国際文化交換協会
■司 会:高階秀爾(日仏美術学会会長、大原美術館館長) 
■オーガナイザー:天野知香(お茶の水女子大学准教授)、河本真理(広島大学准教授)
■発表者:
 フランソワーズ・ルヴァイアン
(CNRS研究ディレクター、アンドレ・シャステル研究センター)
 ファブリス・フラユテズ(西パリ大学ナンテール/ラ・デファンス校准教授)
 鈴木雅雄(早稲田大学教授)
 村上博哉(国立西洋美術館学芸課長)
 速水豊(兵庫県立美術館学芸員)
 河本真理(広島大学准教授)   
 
■要事前登録 入場無料 定員100名 日仏同時通訳付(デポジット1,000円)
 11/14(土)までに下記宛先まで

■シンポジウム主旨
昨年、日仏交流150周年を記念して開催されたシンポジウム「日仏芸術交流の150年」で
提起された、両大戦間における日仏の芸術の関係をめぐる問題を引き継ぎ、本年度は、
とりわけシュルレアリスムを軸として日仏双方の芸術動向をめぐる諸問題について論議を深めるべく、
本シンポジウムを開催する運びとなりました。

フランスで起こった文学運動であったシュルレアリスムは、無意識や夢といった非合理的な世界を
探求するものとして、その後ジャンルを越えて造形芸術・写真・映画といった分野に野火のように拡がり、
さらに国境を越えてヨーロッパだけではなく日本に至るまで国際的な拡がりを見せるようになりました。

「互いにかけ離れた二つの現実の偶然の出会い」を重視したシュルレアリスムは、
そもそも異なる世界が出会う可能性に開かれていたと言えます。本シンポジウムは、
フランスからの招聘者をまじえ、シュルレアリスムをめぐるこの越境・混淆するダイナミズムに
特に光を当てるものです。

日仏の第一線の研究者によって美術史・文学・文化人類学を横断して展開される議論は、
シュルレアリスムの孕む多様性・複数性を浮かび上がらせることでしょう。


*懇親会もあります
  日時:11月22日(日) 18:30 ~ 20:30
  会場:レストラン「レスパス」(日仏会館内)
  会費:3500円(学会員)、5500円(一般)
  内容:発表者、関係者を含めた立食パーティー


■参加方法
①「シンポジウム参加希望」・「懇親会参加 の有無」・氏名・住所・連絡先(電話かEメール)
  を明記の上、 メール 又は ファックスにてお申し込みください。 (11/14(土)まで)



②登録は先着順です。事務局からメール、もしくはファックスにて登録のお知らせをお送りします。
 ファックスにてお申し込みの方は返信先ファックス番号も忘れずに明記してください。


*申し込み、お問合せ先:日仏美術学会事務局
  電話/ファックス:03-3280-2415
 E-mail:art-francojaponais@digital.email.ne.jp


プログラムの詳細は、↓チラシをご覧ください。
クリックすると拡大します

日仏美術交流シンポジウム「シュルレアリスムの時代」チラシ表
日仏美術交流シンポジウム「シュルレアリスムの時代」チラシ裏

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

春になるとウキウキして旅のことをしょっちゅう考えるようになったりしませんか?

4月に開催される旅イベントを日付順にご紹介しましょう。

●ますは明日、4月14日(月)20:30~
『旅ふぇち大集合!』

ディープな旅関係の方たちがあつまるようです(^^
とまこさんのブログ&著書からネーミングされています♪
http://blog.livedoor.jp/tomooo16/archives/51979422.html

●つぎに4月19日(土)16:00~
『世界の絶景でなきすぎっ』トークイベント とまこ&団長

本のソムリエ団長さんが校長&ホスト役を務めるシブヤ読書大学イベントなんです。
http://blog.livedoor.jp/tomooo16/archives/51939822.html

◎そのとまこさんがまたまた新刊をだされました。

『バリへ行きたい!』

こんなに苦労してつくったんだ~と思うとよしよししてあげたくなります。
http://blog.livedoor.jp/tomooo16/archives/51977413.html

●そして4月27日(日)
自転車で世界一周して、旅行作家・講演家として活躍中の
石田ゆうすけさんのトークイベント(19:00~)&おもしろ自転車試乗会(12:00~)
「7年半!自転車地球一周~世界の街角から」

石田さんの講演はもちろんオススメですが、
おもしろ自転車試乗会も気になる……

私、今ではひ弱なバックパッカーですが、
以前はママチャリで小さな峠を越えたりするのは好きだったんです。
オーストラリアのタスマニアではペニー・ファーシングという古いタイプの自転車に試乗してご機嫌でした♪

タスマニア 自転車 ペニー・ファーシング

古い自転車 ペニー・ファーシングを漕ぐ


今回は「町」をテーマにするということで、ますますおもしろそうな講演会になりそうです。
http://yusukeishida.jugem.jp/?eid=507

●最後、岩手にもとまこさん登場
 4月28日(月)18:30~
 「とまこさんの地球おもしろ話と海の料理を楽しむ会」

 岩手は料理もおししいらしい、話と料理で2度おいしい♪
 http://blog.livedoor.jp/tomooo16/archives/51975984.html

◎とまこさんはケータイ書庫レジモでも連載をはじめました。
 「秘境へGO!とまコンダクターのよそみだらけ」

 http://blog.livedoor.jp/tomooo16/archives/51958479.html
 大活躍ですね~
 旅じゃないけどミーコさんの「愛ネコは糖尿病」もおもしろいですよ。
  

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

『名言セラピー』の本とメルマガでおなじみのひすいこたろうさんが7冊目の本を出されました!

『漢字セラピー ─五つ星のしあわせ』(ヴィレッジブックス発行・ソニーマガジンズ発売)

は前回私のエピソードを採用していただいた『漢字幸せ読本』の第2弾にあたるもので、
「はるねむ」さんをはじめとする漢字ぃ~ズのみなさんと作り上げられた力作です♪

今回、私はなにも執筆していないのですが、『河本ぼあらの地球はまあるいよ』の著者と
ひすいさんとの会話エピソードから「人」という漢字の解析へとつながっていく
お話を書いていただいています♪(166-167ページ)

私は今まで同じところを目指している人ほど気が合っていいのかな
と思うところもあったのですが、このお話を読んで、
「違っているからよかったんだ!」と気づきました。
よく考えたらまったく同じ人なんていないんだから、それが自然なのですよね。

表紙もこれからやってくる春にふさわしい色です♪




漢字セラピー―五つ星のしあわせ漢字セラピー―五つ星のしあわせ
ヴィレッジブックス・ソニーマガジンズ(2008/02)
ひすい こたろう、はるねむ 他

漢字幸せ読本漢字幸せ読本
KKベストセラーズ(2007/05)
ひすいこたろう&はるねむ
『漢字本1』にあたる本です。パズル要素のある漢字分析にまず「へえ~っ」て言って、最後に「なるほど~」と、2度楽しいこのシリーズのはしりですね。私も32-34ページに「迷う」という漢字のエピソードを執筆しています。もちろん、ひすいさん&漢字ぃ~ズの編集にお世話になりました。
 



『漢字本2』である『漢字セラピー』もよかったですね~

ごく一部を紹介すると

「咄嗟」の一言に確かに人間性がでると思います。

「毎日」という漢字ではお母さんがいつも助けてくれていることを考えると
涙ぐんでしまい、家に帰ってすぐお母さんに読み聞かせました。

「心配」もウチのお母さんに関わることだなあと。

「宝」の解釈もいいですし。

「使命」については最近人が生まれてくるのは「使命」を果たすためじゃないかと
思い始めたところだったので、素敵な解析にますますその気になりました(^^

「回る」の最後も笑っちゃいました。地球も回る(笑)

「器」の解析もなるほどな~と思いました。最後の一言は私がいつも思っていることでした。

各番外編のおまけもクスッと笑えます(^^


ぜひこの世界を味わってみてください♪


FC2 Blog Ranking 1日1回応援クリックよろしくお願いします♪

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。